瀬戸内国際芸術祭in男木島

 2010-10-31


moblog_310de577.jpg
moblog_50336263.jpg
moblog_10568442.jpg
moblog_5c028858.jpg
 男木島港に着くとスペインの芸術家ジャウメ・プレンサ氏の作品『男木島の魂(Ogijima’s Soul)』が迎えてくれます。屋根には日本語やアラビア語、ヘブライ語、中国語などの文字がデザインされていて日中はその影が床に映るというアート作品です。我々49名の団体は【写真下】のチャーター船サンフラワーで島から島へと移動したのですが、ココ男木島へは高松港から【写真下から2番目】のフェリーで女木島(20分)経由であと20分で行くことが出来ます。男木島へは訪れたのは初めてだったのですがトテモのどかないい島でした。水仙の咲く頃に登山をかねて映画(喜びも悲しみも幾歳月)のロケ地になった灯台にも行ってみようと思っています。

スポンサーサイト

小豆島中山千枚田

 2010-10-30


moblog_92101dce.jpg
moblog_d567de32.jpg
moblog_3851affc.jpg
moblog_50d6842f.jpg
 小豆島の中山地区の斜面に広がる約800枚もの細長い田んぼが重なり合っている風景は素晴らしいもでした。『日本の棚田100選』に選ばれているそうです。今回訪れた10月20日は一度刈り取られてた稲の株から新たな芽が吹いて小さな実をつけていました。今回で4度目の小豆島訪問なのですが、このような風景があることを初めて知りました。

伯方の塩純生大福

 2010-10-29


moblog_9ee7e976.jpg
moblog_e6f6dabc.jpg
 先日の石鎚山土小屋登山口からの帰り道、香川県の高速道路の西の端のサービスエリア『豊浜(とよはま)』で自分用に購入致しました。以前にSugiさんから『美味しくて人気のある大福ですよ。』と教えてもらっていましたが、今回まで買いそびれていてヤット購入することが出来ました。冷凍されていたものを冷蔵庫で解凍して翌朝食べてみてナットク。スゴク美味しい。これは霧の森大福を初めて食べた時の感動とおんなじくらいの感動&美味しさです。霧の森大福は抹茶味ですが伯方の塩純生大福は塩味が甘さを引き立てる感じが辛すぎること無く程良く効いています。これはお薦めのお土産です。一個¥160で一つでも買えますし、三個パックと八個入の箱を包装しているものもありました。製造は?母恵夢(ポエム)本舗さんです。(^^)

霧氷の石鎚山

 2010-10-28


moblog_bdfc9364.jpg
moblog_43c0d1c5.jpg
moblog_00d30ba0.jpg
moblog_5163d9d1.jpg
moblog_83320b08.jpg
moblog_ca0281b3.jpg
moblog_be15f024.jpg
moblog_08e0109a.jpg
moblog_ab394a35.jpg
moblog_7e1e7829.jpg
moblog_2d82e94a.jpg
 昨日は瀬戸内国際芸術祭の大島会場に行かれたSugiさん煎り人さんたちとは別行動で愛媛県の面河渓から石鎚スカイラインンを通って土小屋へ行き、先日往復をした町道瓶ヶ森線を通り寒風山トンネル経由で帰ってきました。面河渓もスカイラインも初めてで次回に土河屋から石鎚山に登るときのアクセス道を下見することと紅葉狩りもかねてのドライブでした。愛媛県松山インターチェンジの一つ手前の川内インターで下り、少し国道11号線を引き返し国道494号線を南に走るのですが、舗装は出来ているもののほとんどが中央線のないクネクネの道であり、この黒森峠超えのルートは通るべきでは無いことが分かりました。峠越から面河川沿いの紅葉ラインは二車線の県道で問題はありません。この紅葉ラインと面河渓は紅葉狩りにはマダ早くて全く紅葉してませんでした。石鎚スカイライン(無料)は石鎚山を南側から見ることが出来て新鮮な景色でした。途中で御来光の滝が遠くに確認できるビューポイントも整備されておりスカイラインは登山に適していました。終点の土小屋に着いてビックリ。木々が霧氷で凍りついていました。お天気が良いので道路は凍結してなくて安全に通過できるなか紅葉した木々と霧氷で白く凍りついた木とが混在する不思議な景色を見ることができて幸運でした。(^^)今度は松山から久万高原町を経由して石鎚スカイラインを通るルートを検討してみようと思います。

小豆島オリーブサイダー

 2010-10-27

先日、小豆島に瀬戸内国際芸術祭を見に行った時、土産物店で買って飲みました。オリーブ果汁1%なので、オリーブらしい味も香りも感じませんが、とても爽やかで美味しかったです。さすが、香川県産品コンクールで知事賞を受賞しているだけのことはあります。o(^-^)o

石鎚山鎖場

 2010-10-26


moblog_5e795677.jpg
moblog_d07f4b1a.jpg
moblog_0e75cfa9.jpg
moblog_4a5c5028.jpg
moblog_67cf1933.jpg
moblog_09f1265c.jpg
moblog_8f9d10fa.jpg
 石鎚山の頂上(弥山:みせん:標高1974m)まであと0.6Kmのところで成就社コースと土小屋コースとが合流します。鎖場(くさりば)登りに備えて鳥居下の木の階段で遅い昼食をとりながら休憩をしました。高校一年の時も今年の6月にも鎖場を登れていないので三度目の挑戦です。心して鎖に取り付き慎重に登り始め、最初はトライアングル状になった鉄の鐙(あぶみ)を頼りに足を入れていたのですが、後ろから登って来られていた煎り人さんに鎖の丸い穴に登山靴のつま先がチョウド入りますよと教えていただき、それからは快調に梯子を登る要領で二の鎖(65m)と三の鎖(68m)を登り切る事ができ念願が叶いました。鎖場は下から見てもほぼ垂直に見え、上から見ると(もっと垂直?)でとても恐怖です。一番下の鎖の先には大きな輪が付いているのですが途中の輪は少し小さくてつま先しか入らないため不安定です。【写真下】は最後の鎖を登り終えて頂上から下に向けて撮影したものです。
     我拝師山を下った時とはまた別の怖さでした。(^^;;;

中山の舞台

 2010-10-25


moblog_237c6193.jpg
moblog_552e2291.jpg
moblog_f77c2c39.jpg
moblog_16b83eea.jpg
moblog_f798d2e6.jpg
 小豆島中山地区にある農村歌舞伎の舞台です。国の重要有形文化財に昭和62年3月3日に指定されたそうです。江戸時代の天保年間からつづいているということなので150年以上の歴史があります。瀬戸内国際芸術祭2010にあわせて中山農村歌舞伎特別公演が10月24日(日)の18時からあったと先日報道されていました。ここには回り舞台やせり、花道、奈落、太夫座もあり本格的なものでした。観覧席には天井がなく土間ですが、石積みで階段状に高くなっていて後ろの方からもよく見える構造になっています。『中山千枚田』と言われている棚田の真ん中にあり、うまく斜面を利用している観客席でした。

瀬戸内国際芸術祭2010in小豆島中山

 2010-10-24


moblog_cf8ce964.jpg
moblog_59b191ca.jpg
moblog_487f9b4d.jpg
moblog_d5ee30b0.jpg
moblog_909658c6.jpg
 小豆島の土庄港に着きスグニ芸術祭の臨時バスに乗り込み中山地区に向かいました。他のお客さんがバスの一日乗り放題パスを持っているのに気が付き我々も降りるときに運転手さんに売ってもらいました。【写真上】はバス停で降りた所で、のどかな風景をパチリ。坂道を少し下ったところに展示会場があり鑑賞しました。作品ナンバー【69】『つぎつぎきんつぎ』です。納屋(倉庫)を薄暗くして陶器を修理する技法で立体的に組み合わせた球体と塔です。初めて見る芸術作品でした。【写真下】のオウ!チャワンダフル!という観客参加型のプログラムも面白いと思います。時間も興味もなかったので参加しませんでした。(^^)

丸亀城菊花展

 2010-10-23


moblog_41b575ed.jpg
moblog_7327e3a6.jpg
 今朝の散歩の途中に立ち寄りました。JR丸亀駅の改札前で丸亀市観光協会さんがいつもイベントの案内をしているところに今日は菊が飾られていました。よく見ると丸亀城で毎年行われている『菊花展』の案内でした。11月13日(土)までだそうです。朝の散歩の足をお城に伸ばして見に行こうと思います。(^^)

高速艇スーパーマリン

 2010-10-22


moblog_0ece8adb.jpg
moblog_811e15a4.jpg
moblog_6c83ce76.jpg
 小豆島急行フェリーの運営している高速艇『スーパーマリン』に乗船して二階のデッキのイスに座り海からの景色を楽しみました。フェリーだと土庄港まで一時間かかりますが高速艇では30分で到着します。【最後の写真】は土庄港に着いた船をパチリです。

瀬戸内国際芸術祭2010in高松港

 2010-10-21


moblog_ff6f385c.jpg
moblog_a0f21650.jpg
moblog_c02af5c5.jpg
 昨日、JR丸亀駅から高松行きの電車にam8:03に乗り込みam8:35到着、駅のコンコースの案内所で訊き大島行きの手続きの出来る場所へまっすぐに行ったのですが、ギリギリアウト。満席のため乗船できず小豆島行きの高速艇が同じ時間に出発するので、そちらに変更してチケットを購入し出航時間のam9:10まで時間があったので港の広場に展示されていたアートを鑑賞しました。天に向かって伸びたカラフルな二本の塔は何を意味するのか?分かりません。(^^;オンバファククトリーと御影石を展示している意味は分かります。(^^)

高松港から小豆島へ

 2010-10-20

本日は飯野山登山を欠席してJRで高松港へ行き大島へ行く予定でしたが船が満席のため小豆島の瀬戸内芸術祭2010の会場へ行く事にしました。写真は土庄港へ向かう高速艇から写した高松港です。(^。^)曇り空で涼しくて快適な船旅です。

JR丸亀駅の秋

 2010-10-19


moblog_73791e14.jpg
moblog_0bafba53.jpg
 今朝、JR丸亀駅の改札前で見つけました。アケビとクリが秋を感じさせてくれます。いろいろなイベントの案内や丸亀市ならではの物産、伝統行事などを観光協会さんが工夫を凝らして展示してくれています。この時期にはアケビやクリが採れているんですね。

犬島アートプロジェクト精錬所

 2010-10-18


moblog_9b128210.jpg
moblog_0378c8c4.jpg
moblog_a15ff4c4.jpg
moblog_8ebe3903.jpg
moblog_7aa18dbc.jpg
 近代化産業遺産を再生したアートスペースです。運営は(財)直島福武美術館財団で、2008年4月に“精錬所”と呼ばれる施設が開館しました。【写真下から二つ目】の池は花崗岩(犬島御影)を採掘した跡に水が溜まったものです。石材採掘の跡地に銅の精錬所ができて約10年間運営された後、銅価格の暴落により閉鎖されたそうです。それが今、アートとして注目を浴びる施設になっています。

犬島家プロジェクトと精錬所への石のプロムナード

 2010-10-17


moblog_2108e5f5.jpg
moblog_2df4d168.jpg
moblog_1acf9a38.jpg
moblog_9d8bd996.jpg
moblog_05403955.jpg
 作品ナンバー【71】『犬島家プロジェクトF邸と山の神と電飾ヒノマルと両翼の鏡の坪庭』です。小高い山の上に神社があり、その右手に大きな岩があり祠が祀られていました。F邸の中を撮影するのを忘れましたので逆光の中で外観のみの写真です。『電飾ヒノマル』はSugiさんのブログのお写真でご覧下さいませ。m(。。)m『犬島家プロジェクト』作品を4邸鑑賞した後、精錬所に向かい花崗岩でできた『石のプロムナード』を通り犬島アートプロジェクト『精錬所』のゲートに到着しました。

石鎚山土小屋登山口

 2010-10-16


moblog_3f49be8d.jpg
moblog_115677ad.jpg
moblog_2ad2971c.jpg
moblog_15f1d354.jpg
moblog_7b9ec1b8.jpg
moblog_c9943b7c.jpg
moblog_ca5d8816.jpg
 石鎚山土小屋(つちごや)登山口は私が高校一年生の時、ワンダーフォーゲル部(当時は同好会)の夏の合宿でココを通過したとき以来です。整備されていて当時の記憶とはカナリ違った印象でした。紅葉狩り日和で駐車場がいっぱいのため遠いところまで行ってヤット駐車できました。am11:45に到着して身支度を整えながら軽く昼食をとり、登山の無事(鎖場二箇所と天狗岳への挑戦を控えての)を遙拝殿でお祈りをしてpm12:10から登山開始です。速登りチーム2名と遅登りチーム2名とに別れてのマイペース登山をしたお陰で今年の6月の富士山登山準備編よりもトテモ楽チンで握力と体力と気力を温存することができて二の鎖下までたどり着くことができました。(^^)ヨカッタです。

犬島家プロジェクト(蜘蛛の網の庭)

 2010-10-15


moblog_d9df6daf.jpg
moblog_9419458f.jpg
moblog_09171d9a.jpg
moblog_9d8b62ec.jpg
 作品ナンバー【72】の『蜘蛛の網の庭』です。円弧を描いた透明のアクリル板で囲われた温室のような水族館の水槽の様な部屋のなかに蜘蛛の巣のような網目状のものが張り巡らされており、その中に弓の矢が刺さっているという作品です。中に入ることは出来ず、外から眺めて楽しみました。こんなアート、私のような凡人には思いつきません。(^^)

町道瓶ケ森(かめがもり)線の紅葉

 2010-10-14


moblog_92704720.jpg
moblog_f2a35f59.jpg
 昨日、永年の夢であった石鎚山の鎖場登りと西日本最高峰の天狗岳(1982m)登頂を目指して丸亀市の当店駐車場をam8時に出発して西条市(愛媛県)から寒風山トンネルを抜け高知県側(いの市)から石鎚山の裏登山口である土小屋と呼ばれるところまで煎り人さんに運転をしていただき到着いたしました。そこまでは1500mほどの標高がある道路で町道瓶ケ森線と呼ばれいます。平地では紅葉はマダマダですが。ここまで来ると見頃時期を迎えていました。

石鎚山紅葉狩り

 2010-10-13


 本日は飯野山登山を欠席いたしまして石鎚山に紅葉狩りに行ってきました。(^。^)

犬島家プロジェクト【中の谷東屋】

 2010-10-12


moblog_e8e01e53.jpg
moblog_e80f0acf.jpg
moblog_e4ebde22.jpg
 作品ナンバー【74】中の谷東屋(Nakanotani Gazebo)は厚み10mm位の鉄板を亜鉛メッキして屋根にしている休憩所です。中にはウサギの耳を連想させる背もたれのあるステンレス製の椅子が5脚置かれていました。イスとポールと屋根とが一体化してアートなんでしょうね。小ざっぱりとしていて綺麗な東屋でした。

家プロジェクトin犬島『眼のある花畑』

 2010-10-11


moblog_615c4009.jpg
moblog_e9d81a0c.jpg
moblog_e5b24a08.jpg
moblog_a9d06002.jpg
 am10:00までは展示会場へは入ることが出来ないので外観を見ることの出来る『家プロジェクト』の方を先に見ることにして港から南西方向へ移動しました。最初に訪れたのが作品ナンバー【73】のI邸です。『眼のある花畑』という作品です。am9:55に自転車で若い女性のスタッフさんが開場に来られました。高松市内からフェリーで海をわたって来られていて、ボランティアで受付と説明をされているそうです。外から見える映像と中にはいって見る映像とがあり、どちらも眼をモチーフにした動画の作品でした。

犬島の浜辺

 2010-10-10
moblog_bde34bda.jpg
moblog_ba768412.jpg
moblog_fd1a105a.jpg


 犬島の浜辺を散策していて気が付きました。三角形の標識の左の角が欠け(ここにある全ての標識が同じように傷んでいました。)ながらも数本立っていました。この三角形の標識は海底ケーブルが海に入っていく場所を示しているそうです。つまり底引き網漁や海底の工事をするときには気をつけるようにということです。この標識を見ることは日常ではないので、スグニ忘れてしまいます。以前にも調べたことがあり納得したことがあるのを思い出しました。(^^;

犬島港

 2010-10-09


moblog_2f3f72b6.jpg
moblog_9b3a19ab.jpg
moblog_d53c5a68.jpg
moblog_a0a16340.jpg
moblog_32a35b1e.jpg
 数年前から犬島アートプロジェクトとして、今年は瀬戸内国際芸術祭2010の一つの島として注目されている犬島港に到着しました。展示会場はam10時からOPENなので港周辺の海辺を散策しました。岡山市が政令指定都市になり犬島は東区になりました。港は整備されており岡山側からは定期船が出ていますが香川から行くには他の島を経由しないと行けないためちょっと不便です。

キンモクセイ開花

 2010-10-08


moblog_64c43c5c.jpg
moblog_8319b47c.jpg
moblog_8862caf8.jpg
moblog_4c7a849f.jpg
 昨日の朝、甘い香りがして気が付きました。一昨日の夕方には香っていませんでした。遅れていた秋がやっとやってきたのを実感致しました。と思っていたら一昨年の10月7日のブログに昨日から香ってきたとアップしてあり、一昨年よりは1日遅いだけでした。昨年もこの事を書いておりますが日にちが特定できません。今年は急に涼しくなって季節が追いつきつつあるのかも知れません。

瀬戸内海クルージング

 2010-10-07


moblog_5dda9d6e.jpg
moblog_5812ca66.jpg
moblog_c52e89a0.jpg
 丸亀港をam8:00に出航して南備讃瀬戸大橋の下をくぐり最初の島、犬島を目指しての一時間半のクルージングを楽しみました。お天気に恵まれ無風状態で波も殆ど無いベタ凪で快適な船旅でした。お天気が良いので気温がドンドン上がり夏に戻ったようでたくさんのいい汗をかきました。お世話いただいた幹事の皆様、丸亀商工会所のスタッフの皆様いい企画ありがとうございました。

丸亀港を出航

 2010-10-06

本日は飯野山登山を欠席して丸亀商工会議所議員クラブ主催のチャーター船で巡る瀬戸内国際芸祭2010に参加してきました。総勢49名で4つの島を訪ねました。現代アートを満喫した良い一日でした。(^。^)

丸亀消防署

 2010-10-05


moblog_b078b04b.jpg
moblog_455ea993.jpg
moblog_24a534ce.jpg
moblog_dd15957c.jpg
moblog_1a1cea8b.jpg
 先日、丸亀東ロータリークラブの職場例会がありました。今年は新築された丸亀消防署ということでめったに入ることができないので遅れず(いつも遅れてます)に参加してきました。【写真上】は6階の会議室で説明を聞いた後ベランダから丸亀城を撮ったものです。【写真上から二つ目】は新消防署から旧消防署を撮ったものです。階段で5階4階へと降りていきながら色々と最新の設備の説明をお聴きしました。【写真上から三つ目】は屋上に設置されているソーラーパネルの発電量がリアルタイムで確認できる表示パネルです。お天気が良い日でしたから3.5KWも発電中でした。

丸亀ジャズストリート

 2010-10-04


moblog_50972d77.jpg
moblog_5b4cc7b1.jpg
moblog_47bfeb0f.jpg
moblog_353e2d22.jpg
 今年で5回目になる丸亀ジャズストリートです。協賛しているのでポスターとチケットとプログラムを持ってきていただきました。今朝、当店の西側の駐車場に面した壁面にポスターを貼り眺めているとポスターの下の方にも当店の名前が印刷されていました。最低額しか協賛していないのにプログラムだけでなくてポスターにまで掲載していただき恐縮です。(^^)ありがとうございました。

ライオンくんとシロクマくんのデュエットコンサート

 2010-10-03


moblog_30522b39.jpg
moblog_2c851017.jpg
moblog_5a268f85.jpg
 一作日と昨日のブログのライオンくんとシロクマくんのデュエットコンサートです。

iPodをライオンくんに接続して、シロクマくんはマイクからの音に反応するようにセットして音楽を流します。これで楽しいデュエットコンサートの始まりです。

ライオンくんの動画:17秒

シロクマくんの動画:42秒

ライオンくんとシロクマくんのデュエットの動画:42秒


アニマルスピーカーシロクマくん

 2010-10-02


moblog_9d8b72a5.jpg
moblog_ba464005.jpg
moblog_410c9d30.jpg
 昨日の続きです。合唱を楽しみたくてアニマルスピーカーシロクマくんも購入致しました。一匹をiPodに接続して、もう一匹をマイクモードにセットします。そうすると二匹がパクパクと合唱を始めます。ケッコウ楽しんでいます。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

麺法師おじさん

Author:麺法師おじさん
散歩の風景、飯野山(讃岐富士)をホームマウンテンにして香川県内、四国内を中心とした登山のブログです。参考になれば幸いです。よろしくお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

カテゴリー