飯野山頂上の楷の木

 2012-01-12



楷(かい)の木はうるし科の落葉樹(学名トネリバハゼノキ)です。

 大正4年(1915年)、農商務省林業試験場の場長であった白沢

保美博士が中国・曲阜の孔子墓所から「楷の木」の種を採取し、

当時の農商務省林業試験場で育苗しまし、その後、日本国内の

孔子や儒学にゆかりのある学校(湯島聖堂3本(雄)、足利学校1本、

旧閑谷学校2本(雌)、多久聖廟1本(雄)など)に配られたそうです。

 そして、孔子にちなんで、旧閑谷学校では、「楷の木」を『学問の木』

と呼ぶようになり、そのまた子孫が飯野山に植えられているそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
↑参加しています。↑ ボチッ と応援をよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
コメント
楷の木って初めて知りました。
閑谷学校は以前行きましたが、楷の木??
あったかな??
また、見てるけど見えてないんかも。
【2012/01/13 08:17】 | たどつ小僧 #- | [edit]
たどつ小僧さんいつもありがとうございます。m(__)m

私も閑谷学校に二度行ったことがあります。一度目は楷の木の

紅葉(黄葉)鑑賞が目的でしたので楷の木の自覚がありました。

正面の大きな二つの木がそうなんです。立派な大きな木でした。

石垣とか建築に眼を惹かれていたんでしょうね。次回は秋の

紅葉狩りの時期がお薦めです。v-106v-252v-106
【2012/01/13 10:34】 | 麺法師 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mengoku.blog47.fc2.com/tb.php/1903-d74bee4d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

麺法師おじさん

Author:麺法師おじさん
散歩の風景、飯野山(讃岐富士)をホームマウンテンにして香川県内、四国内を中心とした登山のブログです。参考になれば幸いです。よろしくお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

カテゴリー