佐柳島研究

 2012-03-01
佐柳島研究1佐柳島研究2

 佐柳島は、高登山(たかとやま:標高248.5m)を中心とした

南北に細長い島です。島の名前の由来は、足利義満が厳島参詣

の際、強風にあい、この島に避難すると風が凪いだので、早凪

(はやなぎ)とよんだのが変化したという説があるそうです。

  また、島には歴史上貴重な両墓制の風習が残っており、土葬する

『埋(うず)め墓』と石塔を建てて参拝する『参り墓』と別になって

いる墓地があり、長崎地区の『埋め墓』は県の有形民俗文化財に

指定されています。

佐柳島出身の佐柳高次と平田富蔵は、わが国最初の遣米使節船

咸臨丸に水夫として乗り組み、太平洋を横断しました。

 平田富蔵はアメリカでなくなりましたが、佐柳高次は帰国後、坂本

龍馬率いる海援隊の一員となりました。島の乗蓮寺には二人の墓

があります。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村
↑参加しています。↑ ボチッ と応援をよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mengoku.blog47.fc2.com/tb.php/1952-a8bf3f2a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

麺法師おじさん

Author:麺法師おじさん
散歩の風景、飯野山(讃岐富士)をホームマウンテンにして香川県内、四国内を中心とした登山のブログです。参考になれば幸いです。よろしくお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

カテゴリー