サントリー京都ビール工場のホップ説明看板

 2014-10-20



見学者ようの説明のために工場の玄関近くでホップを栽培しているところに説明看板がありました。そこには以下の事が書かれていてホップの事がよく分かりました。
---------------------------------------------------------------
ホップはアサ科の植物で日本ではカラハナソウと呼ばれています。春から夏にかけてツルが伸び花をつけます。ビールの原料として使われるのはホップの受粉前の雌株が持つ毬花(きゅうか)です。その中に眠る黄金色の粉(ルプリン)が独特の香りや爽やかな苦味、泡立ちをビールにもたらします。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
↑↑↑↑↑にほんブログ村のランキングに参加しています。
ボチッ と応援をよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mengoku.blog47.fc2.com/tb.php/2681-87bd4e14
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

麺法師おじさん

Author:麺法師おじさん
散歩の風景、飯野山(讃岐富士)をホームマウンテンにして香川県内、四国内を中心とした登山のブログです。参考になれば幸いです。よろしくお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

カテゴリー