高野長英と宇和島市のご縁

 2015-07-20


 お昼ご飯を食べた料亭の近くに高野長英先生の隠れ住んでいた家が保存されていました。先生は、陸奥水沢(現在の岩手県)生まれの蘭学者で若い時から蘭学にはげみシーボルト門下の逸材として有名になったそうです。江戸で蘭医を開業し名医と称せられ、西洋事情の調査研究と普及にも努めたが、『夢物語』を書き幕府の政策を批判したため捕えられて終身刑となり、牢獄生活六年の後、牢舎の火災で囚人一同仮釈放となったが逃亡し脱獄囚として三年に及ぶお尋ね者の生活を送ったそうです。宇和島藩主伊達宗城は彼の学識・才能を評価し秘かに保護の手を差し伸べ宇和島に呼び寄せ、この写真の説明看板のある場所の家老桜田佐渡の別荘(新町)に居住させたそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
↑↑↑↑↑にほんブログ村のランキングに参加しています。
ボチッ と応援をよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mengoku.blog47.fc2.com/tb.php/2912-493f49ca
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

麺法師おじさん

Author:麺法師おじさん
散歩の風景、飯野山(讃岐富士)をホームマウンテンにして香川県内、四国内を中心とした登山のブログです。参考になれば幸いです。よろしくお願いいたします。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

カテゴリー